Menu

透明な素材への印刷

ファイル

先に白くすることも可能

クリアファイルとは、薄いポロプロピレンのシートを重ね、4辺のうち2辺を接着することで作られたファイルです。数ページ分の書類を重ねて入れることができるので、便利な文房具として企業などで重宝されています。ある程度の強度と撥水性とがあるため、書類が曲がったり濡れたりすることを防ぐためにも便利です。そのため近年では、ノベルティグッズとしてクリアファイルを配布する企業も増えています。社名やロゴなどを印刷しておけば、そのクリアファイルを受け取った人に、使うたびに見てもらうことができるのです。ただしクリアファイルの印刷は、専門業者に任せることになります。ポリプロピレンの印刷には、紙への印刷と異なり、インクを固着させるためのコロナ放電など特殊な処理が必要となるからです。また印刷を依頼する際には、業者が指定した書式に合わせて原稿を用意しなければなりません。また基本的にフルカラーの原稿でも印刷してもらえますが、クリアファイルは透明なので、仕上がりは原稿の色合いよりも薄くなります。それを想定して、希望通りの仕上がりになるように原稿を用意することが大事です。クリアファイルに白いインクを固着させた上で印刷すれば、原稿とほぼ同じ色合いとなります。しかしこの場合は、中の書類が透けて見えない、透明感のないクリアファイルとなります。したがって透明な部分を残しておきたい場合には、クリアファイルの上半分にのみ白いインクを固着させるといった具合で、原稿でしっかりと指定しておきましょう。

Copyright© 2017 名刺の印刷は専門業者に頼もう|確認事項を事前に知っておこう All Rights Reserved.